医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

検査 検査値

尿pH

更新日:

基準値

4.8~7.5

体内の酸塩基平衡の状態を把握に用います。

異常値

pH=7.6以上の場合は、アルカリ尿といいます。
腎不全、腎孟腎炎、腎・尿路感染症、一部の結石症、代謝性アルカローシスが疑われます。利尿剤投与でも高値となります。

pH=4.5未満の場合は、酸性尿といいます。
糖尿病、痛風、肺気腫、気管支喘息、代謝性・呼吸性アシドーシス、結石症、脱水症、アルコール中毒が疑われます。
下痢、飢餓、発熱でも低値となります。

対応方法

尿路感染の有無を確認。服用薬剤(アルカリ尿ではビタミン剤、造影剤など。酸性尿では胃薬などの酸性薬品)を把握し発熱の様子を観察します。

呼吸状態を整えるよう心がけて、低酸素状態の改善をはかります。
植物性食品、アルカリ性食品の摂取制限を指導します。

-検査, 検査値
-,

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.