医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

検査 検査値

尿蛋白 urine protein

更新日:

基準値

陰性(-)~偽陽性(士)

腎障害の有無やその程度および尿路の異常を調べます。

対応方法

尿たんぱくが認められた時期から現在までの経過、糖尿病や低たんぱく血症、貧血、浮腫の有無を確認。体重、腹囲の変化や皮膚の様子、水分摂取と排泄のバランス、倦怠感がないかといった全身の状態を観察します。
尿たんぱくのひとつであるアルブミンは糖尿病性腎症の早期指標となるため、□渇、多飲、多尿、倦怠感などの糖尿病の症状の有無を観察します。
グロブリンたんぱくの減少によって抵抗力が減退するので、皮膚や□腔、陰部、阿部を清潔に保つようにします。
過激な運動をしないように留意し、尿たんぱくが1日lg以上に達する場合には、安静を保てるように注意します。

-検査, 検査値
-,

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.