医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

検査 検査値

赤血球沈降速度 ESR 血液一般検査

更新日:

基準値

男性:2~10mm/h、女性:3~15mm/h

血液成分の異常や炎症の程度を診断するために行います。
慢性疾患における経過観察時の指標となります。

 

・高値の場合

100mm/h以上(著明促進):原発性マクログロブリン血症、多発性骨髄腫
50mm/h以上(高度促進):関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、自己免疫性溶血性貧血、高ガンマグロブリン血症
15mm/h以上(促進):感染症、心筋梗塞、肝硬変、白血病、悪性リンバ腫、悪性腫瘍、貧血、外傷後、手術後

 

低値の場合

播種性血管内凝固症候群(DIC)、赤血球増加症(多血症)、アレルギー性疾患、急性・慢性肝炎の疑い。

 

対応方法

発熱などの感染症症状、黄疸の有無を確認。息切れや胸痛がないかを把握し、食事・水分摂取の状況や尿量を観察します。
疾患にあわせた苦痛の緩和に⊃とめます。
炎症かある場合には、冷罨法を行います。
できるだけ安静を保つように配慮します。
骨髄機能が低下しているときには、マスク装酒や手洗い、うがいを徹底させます。
貧血がみられるようなら、高鉄分、高ビタミン、高たんぱ<、高カロリー食を基本にします。
全身状態の確認を欠かさす行います。

赤血球沈降速度(ESR)とC反応性たんぱく(CRP)の関係

赤血球沈降速度(ESR)亢進、CRP陰性の場合
貧血、M蛋白血症、妊娠、炎症回復期
赤血球沈降速度(ESR)遅延、CRP高値の場合
播種性血管内凝固症候群(DIC)、線様亢進

-検査, 検査値
-

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.