医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 評価

Glasgow Coma Scale (GCS)

更新日:

Glasgow Coma Scale (GCS)

開眼機能(Eye opening)「E」

4点:自発的に、またはふつうの呼びかけで開眼
3点:強く呼びかけると開眼
2点:痛み刺激で開眼
1点:痛み刺激でも開眼しない

言語機能(Verbal response)「V」

5点:見当識が保たれている
4点:会話は成立するが見当識が混乱
3点:発語はみられるが会話は成立しない
2点:意味のない発声
1点:発語みられず

運動機能(Motor response)「M」

6点:命令に従って四肢を動かす
5点:痛み刺激に対して手で払いのける
4点:指への痛み刺激に対して四肢を引っ込める
3点:痛み刺激に対して緩徐な屈曲運動(除皮質姿勢)
2点:痛み刺激に対して緩徐な伸展運動(除脳姿勢)
1点:運動みられず

GCSの特徴

1974年、日本のJCSとほぼ同時期にイギリスのGlasgow大学によってGCSが発表されました。
GCSは世界で広く採用されており、日本においてもJCSと同様に全国の医療施設において使用されています。
GCSの特徴は、意識レベルを開眼(E)や言葉による応答(V)、運動による応答(M)で表現し、これら3つの要素をそれぞれ独立して観察し、点数化している点です。
JCSでは覚醒の程度に沿って一直線に並べられた0から300までのレベルで表現しているのに対して、GCSでは“Eが何点、Vが何点、Mが何点で、合計何点”という表現をします。

GCSでは3点が最も意識レベルが悪く、15点が意識清明となります。
また、3つの要素それぞれを並列に表現するため、意識障害のより具体的な点数化が可能です。

合計点数の評価も重要であり、頭部外傷の症例ではPrimary surveyのABCが安定した状態でのGCS 8点以下、またはGCS 2点以上の低下を認める急激な意識レベルの悪化は“切迫するDがある”と表現され、生命を脅かす中枢神経障害が存在する可能性を示唆しています。

欠点としては、例えば同じ9点であってもその組み合わせば何通りもあって内容も様々であり、同点数の他症例と比較することはできないという点、また評価できない項目が1つでもあると合計点による評価が影響を受けてしまうという点があります。

-医療, 評価

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.