医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

検査値

白血球数 (WBC:White Blood Cell Count) 血液一般検査

投稿日:

白血球数 (WBC:White Blood Cell Count) 血液一般検査

 

基準値:3.5~9.7×103μL

 

感染症・炎症の有無や骨髄・牌臓の異常、治療効果・予後の判定の手がかりとなります。

 

・高値の場合

白血球数が20,000個/μLを超える場合は、白血病や敗血症などの重篤な感染症の可能性があります。高値の場合には細菌感染症、血液疾患、組織障害、中毒などが疑われます。ストレス、過度な喫煙、月経でも高値となります。

 

・低値の場合

白血球数が1,000個/μL以下に減少したら、骨髄異常の可能性があります。

低値の場合には、ウイルス感染症、再生不良性貧血、急性白血病、肝硬変、悪性リンパ腫などが疑われます。

 

・対応方法

感染症が疑われる症状(発熱、咳など)の有無を確認する。

感染症が疑われる場合には、その経路も確認し、出血の有無とその程度を観察する。

白血球数が3,000個/μLより少なくなると、易感染状態になるので、感染防止に細心の注意を払うようにする。

-検査値
-

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.