医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

未分類

急性嘔吐 癌 制吐剤

投稿日:

急性嘔吐 癌 制吐剤

急性嘔吐の抑制は、5-HT3受容体拮抗薬とステロイド薬が中心になる。
5-HT3受容体拮抗薬はEC細胞から産生されるセロトニンと競合的に働き、求心性神経経路を遮断し、嘔吐を抑制する。
ステロイド薬の制吐作用の機序は不明だが、プロスタグランジンの産生阻害が機序の1つであるともいわれている。
制吐にはデキサメタゾン(デカドロン®など)が繁用されており、シスプラチン(ブリプラチン®、ランダ®など)などの催吐性の強い抗がん剤を投与する際に、5-HT3受容体拮抗薬を併用することにより有意な制吐作用が認められている。
ステロイド薬は比較的大量に用いられることが多いが、免疫機能の低下、骨頭壊死等の問
題が懸念されるため、原則として大量投与は短期間となる。
5-HT3受容体拮抗薬やステロイド薬に胃腸機能調整薬を併用する場合もある。
また、ハロペリドール(セレネース®)、メトクロプラミド(プリンペラン®、テルペラン®など)、ドンペリドン(ナウゼリン®など)などが使用されるが、錐体外路症状などの副作用には注意が必要で、副作用発現時には投与量を減量したり、他の薬剤に切り替えたりし対応する。

-未分類

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.