医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

分類 医療用語 評価

急性腎障害 尿量による分類

投稿日:

急性腎障害 尿量による分類

 

1970年代よりBUNや血清Crが通常ルーチン検査として測定されるようになり、乏尿を伴わない非乏尿性のARFが存在することが明らかとなった。

非乏尿性急性腎障害の頻度は1970年代以降増加し続けているという報告がある。

非乏尿性ARFが増えた理由として、今まで見過ごされていた非乏尿性急性腎障害の存在が知られるようになったことに加え、シスプラチンやアミノグリコシドなど非乏尿性急性腎不全を起こしやすい薬剤の使用頻度が増加していること、集中治療室(ICU)では早期から大量の輸液、利尿薬、血管拡張薬の投与が行われることなどが関連すると言われている。

-分類, 医療用語, 評価

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.