医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 看護

抗菌薬と他剤との相互作用に基づく意識障害

投稿日:

抗菌薬と他剤との相互作用に基づく意識障害

細菌感染症でしばしば用いられるキノロン系薬は、一部の非ステロイド性消炎鎮痛薬との併用でけいれんを誘発する可能性が指摘されています。
特に高齢者では、腎機能の低下に伴い各薬剤の血中濃度が上昇し脳移行性が高まり、けいれんを誘発する可能性が高いことに留意して薬剤を選択する必要があります。
また、Broad spectrumを有し臨床の現場で汎用されているカルバペネム系抗菌薬は、抗てんかん薬のバルプロ酸との併用に際し、バルプロ酸の血中濃度を低下させ、てんかん発作を誘発する可能性があり注意を要します。

-医療, 看護

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.