医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 医療用語 看護

尿路感染症

投稿日:

尿路感染症

尿路感染症は、臨床経過より急性と慢性に、基礎疾患の有無により単純性と複雑性に、解剖学的部位により膀胱炎と腎孟腎炎とに分類されます。
一般的には腸内細菌属の外尿道口からの逆行性感染により引き起こされる非特異的炎症を指しますが、時に皮膚、口腔などからの菌血症から血行性に腎膿瘍や腎周囲膿瘍が生じます。

単純性尿路感染症では、起炎菌として大腸菌が約80%を占めます。

複雑性尿路感染症では大腸菌の割合は減少し、緑膿菌をはじめとする多種類のグラム陰性桿菌と腸球菌を主とするグラム陽性球菌の割合が増加します。

尿路の形態的あるいは機能的な異常により感染防御能に障害が生じている尿路おいては、尿路病原性大腸菌以外の病原性の弱い多種の細菌も尿路感染症を引き起こします。

尿管結石などの尿路閉塞に続発する急性複雑性腎孟腎炎および慢性複雑性腎孟腎炎の急性増悪期では、特に尿流の停滞を伴う病態では、腎孟内圧が上昇し、尿中の細菌が容易に血液内に移行し、敗血症を引き起こします。

-医療, 医療用語, 看護

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.