医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 医療用語 検査 症状 看護 評価

自発眼振検査

投稿日:

自発眼振検査

自発眼振とは前庭刺激や視刺激が加わっていない状態で観察される眼振です。
自発眼振検査は通常、座位で被験者の頭部を正面位に保ち、非注視下で行います。

水平性の自発眼振は前庭機能の左右差を反映しており、メニエール病、めまいを伴う突発性難聴、前庭神経炎などで観察されます。

小脳腫瘍など、中枢性疾患にても観察され、中枢性疾患による場合は、垂直性の自発眼振の場合もあります。

非注視下で観察するのがポイントで、フレンツェル眼鏡下やVOG、 ENG装着下で観察するのが一般的です。注視下では抑制されます。しかし、逆に先天性眼振は注視下で出現し、非注視下では抑制されます。

-医療, 医療用語, 検査, 症状, 看護, 評価

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.