医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 医療用語 治療 看護

カルシウム拮抗薬

投稿日:

カルシウム拮抗薬

薬理作用:Caチャンネルを阻害することにより血管平滑筋を弛緩させ、末梢血管抵抗を減ずることで降圧作用を発揮します。
ジヒドロピリジン(DHP)系と非DHP系に分かれます。
DHP系カルシウム(Ca)拮抗薬は降圧効果が高く臓器血流が保たれるので、降圧剤では第1選択薬として用いられます。
非DHP系Ca拮抗薬は、刺激伝導系の抑制を目的に頻脈性不整脈に対して用いられます。

効果:冠動脈および末梢血管拡張、心収縮力の抑制、刺激伝導系の抑制

副作用:動機、頭痛、ほてり感、浮腫、歯肉増生

グレープフルーツを摂取した後にDHP系Ca拮抗薬を服用すると、血中濃度が上昇するので注意を要します。
高血圧を短時間作用型Ca拮抗薬等で急峻に下げると、反射性頻脈を起こして心血管イベントのリスクを高めるため禁忌となります。

-医療, 医療用語, 治療, 看護

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.