医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 医療用語 治療

ディシュンヌ型筋ジストロフィーの座位姿勢および車いすの対応

投稿日:

ディシュンヌ型筋ジストロフィーの座位姿勢および車いすの対応

脊柱の側湾はADLやQOLを低下させるだけでなく、胸郭の変形によって肺活量低下など呼吸機能低下につながります。
脊柱変形を防ぐためには手術療法以外に、座位姿勢で腰椎前湾、骨盤前傾位を保つ方法があります。
脊柱変形の進行について、脊柱後湾と骨盤後傾から早期に歩行不能となり12~13歳で側弩が進行する患者群と、脊柱が比較的伸展または軽度前弩のまま側弩が進行しづらい患者群が見られるためです。
効果には異論がありますが、クッションなどを用いて座位姿勢を軽度脊柱前弩に保つことで側弩を予防できると考えられています。
体幹コルセットによる脊柱変形防止は過去に多数試みられてきましたが、効果のあるものは少ないです。
車いすを有効に用いるためにも体幹および四肢の変形予防は非常に重要です。
歩行可能期から床での座り方と椅子座位姿勢を、学校を含めてよく指導するようにします。
車椅子上の座位はクッション、背あてを調節して腰椎が軽度前弩となるようにします。
正常な座位が痛みや疲労のため困難になった場合は、リクライニング・ティルト可能な座面やモールディングした座位保持装置を用います。
座位をとれることが活動性維持に重要なため、座位が取れるように工夫していく必要があります。

-医療, 医療用語, 治療
-

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.