医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 医療用語 症状 評価

脳幹の障害部位からみた中枢性めまいの特徴

投稿日:

脳幹の障害部位からみた中枢性めまいの特徴

中脳には動眼神経核があり、さらにそのすぐ吻側に垂直性眼球運動の脳幹中枢が広がっています。
そのため、中脳に生じた脳血管障害では、しばしば眼球運動障害、それも特に垂直性の眼球運動障害が生じます。
橋は、被蓋部に水平性眼球運動の際に重要な働きを担う内側縦束(mediallongitudinal fasciculus;MLF)、傍正中橋網様体(paramedian pontine retic-ular formation;PPRF)、外転神経核が存在します。
そのため、橋被蓋部の脳血管障害では、めまいとともに水平性の眼球運動障害をきたすことがあります。
橋底部に生じた血管障害では、軽い片麻痺を伴うめまいをきたす場合があります。
延髄の吻側には前庭神経核があります。
延髄は構音、嚥下機能に重要な役割を担っています。延髄の外側には、感覚の伝導路や小脳脚があり、内側には錘体路が通っています。延髄外側梗塞によるワレンベルグ症候群では、めまいとともに構音障害嚥下障害、患側のホルネル症候群や運動失調、健側の温痛覚低下などきたします。
これらの神経症候がすべてそろわない場合も多いが、構音障害と健側の感覚障害は出現する頻度が高いといわれています。
延髄内側梗塞によるDegerine症候群では、患側の舌の麻痺や健側の片麻痺などをきたします。

-医療, 医療用語, 症状, 評価

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.