医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 医療用語 症状 評価

小脳の障害部位からみた中枢性めまいの特徴

投稿日:

小脳の障害部位からみた中枢性めまいの特徴

小脳は、上小脳動脈(superior cere-bellar artery;SCA)、前下小脳動脈(anterior inferior cerebellar artery;AICA)、後下小脳動脈(posterior infe-rior cerebellar artery;PICA)により、灌流されています。

SCA領域とAICA領域が「小脳上部」に相当し、PICA領域が「小脳下部」に相当します。

SCA領域の梗塞によるめまいでは、患側の上下肢の小脳性運動失調や構音障害をきたします。

AICA領域の梗塞によるめまいでも、同側の手足の小脳性運動失調が目立ちます。

AICAは同時に橋の外側や内耳も灌流しているので、同側の顔面麻痺や難聴を伴うこともあります(AICA症候群)。

PICA領域の梗塞では、顕著な体幹失調が特徴です。
小脳の出血は、多くの場合歯状核近傍に生じるので、めまいとともに明らかな小脳性運動失調がみられることが多いです。しばしば頭痛も伴います。

-医療, 医療用語, 症状, 評価

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.