医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 医療用語 症状

誤嚥性肺炎の起因菌

投稿日:

誤嚥性肺炎の起因菌

高齢者では、唾液分泌の低下、過去の抗生剤の多用、糖尿病などの合併などにより、口腔内の細菌叢は病原性のあるグラム陰性桿菌・嫌気性菌へと変化しますが、咀噛や嚥下がこれらの菌の常在化を防いでくれています。
唾液量の減少には、抗ヒスタミン薬、抗うつ薬などの投与も関係します。

誤嚥性肺炎を起こす細菌として、嫌気性菌ではペプトストレプトコッカス属、ブレボテラ属などの頻度が高いです。
口腔内のストレプトコッカスである「S,milleriグループ」が関与することがあります。

好気性菌では黄色ブドウ球菌が最も多く、クレブジエラ、エンテロバクター、肺炎球菌、緑膿菌がこれに次ぎます。
また、これらの好気性菌と嫌気性菌の混合感染も多いです。

-医療, 医療用語, 症状

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.