医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 医療用語 症状

アスピリン喘息(NSAIDs過敏喘息)

投稿日:

アスピリン喘息(NSAIDs過敏喘息)

アスピリン喘息(NSAIDs過敏喘息)は、成人喘息の約5~10%を占めます。男女比は1:2で小児では稀です。
アスピリンに対するアレルギーではなく、COX-1阻害作用をもつNSAIDsにより、強い気道症状を呈する不耐症ですが、選択的COX-2阻害薬は比較的安全に使用できます。

ほとんどの症例で好酸球性鼻茸を合併し、近年では好酸球性中耳炎や胃腸症、異型狭心症の合併が増加しています。
CysLT過剰産生体質が特徴的であり、その産生には安定期は好酸球や鼻茸が、アスピリン誘発時は主にマスト細胞が関与しています。

通常のアレルギー学的検査では診断不能で、問診(NSAIDs使用歴、嗅覚低下、鼻茸手術歴の確認)が重要です。
確定診断には内服試験が必要で。
静注用ステロイドの急速静注は禁忌であり、NSAIDs誘発時にはエピネフリンが奏効します。

-医療, 医療用語, 症状

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.