医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 医療用語 症状

てんかん発作とは

投稿日:

てんかん発作とは

てんかん発作は、脳の大脳皮質神経細胞に起こる突発的で異常な電気的興奮を本態とし、それにともなって生じる、さまざまな知覚、運動、意識などの症状全体を指す。

てんかん(epilepsy)とは、このてんかん発作が自発的に繰り返し起こる病気と定義されている。

てんかん発作の症状は必ずしもけいれんだけとは限らない。
後頭葉の視覚野にてんかん性電気的興奮が限局して起これば、光の点滅などの視覚症状が生じ、知覚野で起こればしびれ感などの知覚症状が、運動野で起これば、運動症状として“けいれん発作”が生じる。

てんかん性電気的興奮が脳全体に広がると、運動野も脳幹もすべてが巻き込まれるため、発作の症状としては“意識障害を伴う全身けいれん発作”となる。

-医療, 医療用語, 症状

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.