医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 医療用語 看護

痙攣発作時で緊急対応が必要な場合

投稿日:

痙攣発作時で緊急対応が必要な場合

痙攣発作時に最も緊急を要するのは心拍が停止している場合である。
その場合はすみやかに急変時のABCを行い対応する。
呼吸が抑制されている場合、アンビューバッグでの補助呼吸と酸素投与の準備するが、通常てんかん発作では、全身けいれん発作の最中に補助呼吸を行うのは実際は困難であり、けいれん終了後も、補助呼吸を開始するまでもなく自発呼吸は回復するのが普通である。

発作終了後も意識障害が遷延し、呼吸状態も改善しない場合は、頭蓋内に何らかの異変が起こったものと考え早急な対処が必要となる。

全身けいれん発作の既往があっても、原因がてんかんではなく、アダムス・ストークス症候群などの心疾患や、低血糖発作など、全身疾患にともなって意識障害とけいれん発作を起こしている場合もある。その場合は、心電図や血糖値を確認し、適切な処置を行う必要がある。

-医療, 医療用語, 看護

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.