医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 医療用語 症状 看護

デング熱の流行地域と疫学

投稿日:

デング熱の流行地域と疫学

好発年齢は特にありませんが、好発地域では小児に多いです。
性差はありません。

これまでの主な発生地域は東アジア、東南アジア、中南米、アフリカ、オーストラリア、南太平洋でした。
しかし地球温暖化や交通網の発達、都市化などの影響により、主な媒介蚊であるネッタイシマカの生息地域が拡大し、デング熱の流行地域も拡大しています。

日本からの渡航者の多いハワイや台湾、中国での発生も報告されています。
流行地域の拡大のみならず、その発生頻度も過去50年間で劇的に増加しており、今や世界的問題となっています。

2010年には、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ラオスなどで、それぞれ数万人規模の感染が報告され、拡大の恐れが出ています。
特にマレーシアでは、2010年には134人もの死者が出ており、国家的規模の問題となっています。
ヨーロッパでもフランス、ドイツ、クロアチアなど各国で海外からの輸入例の発生が報告され、注意が喚起されています。

-医療, 医療用語, 症状, 看護

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.