医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 治療

側頸痩の治療

投稿日:

側頸痩の治療

側頸痩(嚢胞)は、その発生起源により痩孔の走行が異なり、複雑な手術治療を考慮する必要があるため、治療は専門施設で行うことが望ましいとされています。

治療の基本は嚢胞、痩孔の全長にわたる外科的切除をすることです。

痩孔から色素を注入して口腔内を観察し、痩孔と咽頭との交通の有無を確認した後に、色素を指標にしながら痩孔周囲を剥離して摘出します。

痩孔を長く残存させると再発の危険があるため、できるだけ中枢側まで追求して切除する必要があります。

第二鰓弓由来の側頸痩のように痩孔が長く連続している場合には、痩孔開口部の皮膚切開だけでは切除できずに、頭側にもう一つ補助切開をおいて痩孔の切除を行う必要があることもあります。

痩孔や嚢胞に感染をおこしてしまっている場合には、まず感染のコントロールが必要ですが、やはり専門施設で行うことが望ましいです。

-医療, 治療

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.