医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 医療用語 治療

電気療法 筋力強化

更新日:

電気療法で筋力強化

電気療法は、不全麻痺筋や廃用性筋萎縮のみならず、正常者の筋力強化にも使用されています。

多くは低周波治療で、治療的電気刺激(therapeutic electrical stimulation;TES)とよばれています。

また、高電圧直流刺激が筋スパズムを軽減するのに用いられています。

他に疼痛軽減を目的に電気的麻酔効果を狙った経皮的電気刺激(transcutaneous electrical nerve stimulation;TENS)や、神経筋系に刺激を与え筋収縮を起こさせて機能制御を図る機能的電気刺激(functional electrical stimulation;FES)等があります。

バイオフィードバック療法には、筋電図バイオフィードバック、位置バイオフィードバック、力バイオフィードバックがあり、様々な目的で用いられています。

筋力に関するものは筋電図フィードバック療法で、麻痺筋の促通、廃用筋の筋力増強、痙縮筋の抑制、および全身や個々の筋のリラクゼーションを、限定した筋に対して効率的に増強することができます。

筋力低下のある筋の表面筋電図を用い、筋活動を視覚あるいは聴覚等の外受容器からのフィードバックを通じて利用し、筋力強化を図るものです。この方法は、筋力がMMTで1~2程度の場合に、随意的な筋収縮の増加目的に最適といわれています。

最近では、バイオフィードバックと電気療法との併用、つまり、バイオフィードバック情報を患者に与えると同時に、それがある閾値以上になると、目標とする運動にかかわる筋を電気刺激する治療が注目されています。

-医療, 医療用語, 治療

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.