医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 症状

アルコール性肝障害と肥満

更新日:

アルコール性肝障害と肥満

アルコール依存者は、食事をほとんど摂らずに飲酒を続ける例も多く、アルコール性肝障害(ALD)の増悪因子として低栄養が重要視されています。

しかし、近年では肥満人口の増加とともに、ALDと過栄養との関連も注目されています。

Naveauらは1,604例のALD患者を対象に肝生検を行い、肥満者(女性:BMI≧25、男性:BMI≧27)は非肥満者と比べ、アルコール性脂肪肝、肝炎、肝硬変に、それぞれ2.5倍、3倍、2.15倍進展しやすく6)、肝線維化進展のリスク因子は肥満の他に、高血糖、鉄過剰であることを明らかにしました。

わが国においても、糖尿病、肥満などの生活習慣病が、アルコール性肝硬変の進展に関与していることが報告されています。

近年、肥満を伴うALD患者が著増しており、ALD患者の診療において肥満対策の重要性が増しています。

-医療, 症状

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.