医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 治療

嚥下機能改善手術

更新日:

嚥下機能改善手術

 

咽頭弁形成術

鼻咽腔閉鎖不全に対して行われる手術で、咽頭後壁に弁を作り、これを軟口蓋に縫い付けて口腔と鼻腔との間の通路を狭くします。

弁の茎を上方に置く上茎法と下茎法とがあります。

 

咽頭縫縮術

麻痺側の咽頭壁を縫縮して嚥下圧が有効に生じるための手術です。

 

喉頭挙上術

喉頭を舌骨あるいは下顎方向に牽引挙上することにより喉頭前庭の閉鎖が強化されます。

喉頭挙上術は喉頭挙上が障害されるか、喉頭挙上が遅延する症例が適応になります。

喉頭挙上術には下顎骨舌骨接近術、舌骨と舌骨甲状軟骨固定術、下顎骨舌骨甲状軟骨接近術、下顎骨甲状軟骨接近術(棚橋法)などがあります。

輪状咽頭筋切断術を併用することが多のですが、吊り上げの程度によっては気管切開術が必要なこともあります。

棚橋法の利点は舌骨が固定されず、甲状軟骨が下顎骨舌骨甲状軟骨接近術より前方に移動しやすい点にあります。喉頭蓋がより強い傾斜で倒れ込み、喉頭蓋谷での唾液や食塊の停溜が軽減されます。

 

輪状咽頭筋切断術

食道入口部括約筋である輪状咽頭筋の筋繊維を切断することで食道入口部の開大を図り、食塊の食道入口部通過の改善を目的に行います。

切断した筋線の再癒着防止のため、一定の幅をもって筋線維を切除する方法が多く用いられます。

筋の剥離および切除に際して、経鼻的にバルーンカテーテルあるいはカフ付き挿管チューブを経口的に挿入しておけば食道入口部の粘膜を損傷することなく粘膜下の結合織まで安全かつ確実に切離することができます。

切断部位では側方で切断する方法と後方正中部で切断する方法とがあります。

術後には食道から咽頭への逆流を起こしやすくなるため、食後すぐには臥位にならないなどの指導が必要です。

最近では本邦でも内視鏡下輪状咽頭筋切除術も施行されています。

 

声帯内方移動術

声帯を内方に移動させ、喉頭閉鎖の強化を目的に行う手術です。

披裂軟骨内転術と甲状軟骨形成術Ⅰ型を示します。

 

声帯内注入術(声帯注射)

声帯に注入物質を注射して声門閉鎖不全を改善させる手術です。

音声改善を目的に行う場合が多いです。

手術効果として、喉頭閉鎖の強化も期待できる。

-医療, 治療

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.