医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療 看護 評価

腸蠕動音(ちょうぜんどうおん)

更新日:

腸蠕動(ちょうぜんどう)とは

腸が収縮する運動、すなわち腸の輪状筋が行う収縮運動のことをいいます。
腸蠕動は、腸の中の内容物を移動させる役割を持ちます。

腸蠕動音の聴診方法

蠕動運動に伴って出る音を、腸蠕動音・グル音・腸雑音等と呼びます。

聴診方法は、まず、右下腹部に聴診器を当てて、1分間聴取します。
無音の場合、右上腹部、左上腹部、左下腹部の順に聴取し、再度、右下腹部を聴取します。

それでも無音の場合には、腸蠕動音消失と判断します。(計5分となるため)

腹部から聴取できる音には、腸蠕動音の他に、振水音があります。
腸内に多量の液体とガスが貯留している場合、足腹部を両手でゆらすと、チャプンチャプンという音が聞かれ、イレウスが疑われます。

腸蠕動音の種類

腸蠕動音は、正常・減少・消失・亢進の4つに分類されます。

正常な腸蠕動音

正常な場合は、低音(グルグル・ゴロゴロという音)で4~12回/分(5~15秒毎)であります。
食後では高音で12回/分以上になることもあります。

腸蠕動音の減少

聴診開始後1分間、音が聞こえない状態を「腸蠕動音の減少」といいます。
便秘や腹膜炎、麻痺性イレウス、手術による腸管運動低下が疑われます。
低音で1~3回/分の場合は、腸蠕動音微弱といい、便秘の患者などで聴かれます。
蠕動運動の機能が低下すると、消化に時間がかかったり、便秘になったりする原因となります。

腸蠕動音の消失

聴診を開始後5分間、音が聞こえない状態を「腸蠕動音の消失」といいます。
機能的イレウスや腹膜炎が疑われます。

腸蠕動音の亢進

1分間に35回以上聞こえる場合は「腸蠕動音の亢進」といいます。
高音で、グルグルといったような音が聞かれます。
感染性胃腸炎や下痢、イレウスの初期や沈静化時に聴取されます。

-医療, 看護, 評価

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.