医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

医療用語 看護用語

クリティカルパス(医療)

投稿日:

クリティカルパス(医療)

クリティカルパスとは、医師や看護師、病院のスタッフなどの医療チームが、特定の病気や手術、検査ごとに実践する治療や看護、治療、検査、指導などをまとめた治療の計画書のことです。

もともとクリティカルパスは、産業現場の工程における管理をスムーズに行うための手法として知られていました。

最近は、医療業界でも医療を効率良く進めるために、またチーム医療の推進のために有用であると認知されており、様々な医療現場で導入されています。 クリティカルパスに示されているのは、標準的な治療経過で、順調に経過した時の見本となります。

しかし、患者は、それぞれ状態が異なり、すべての患者の治療経過がクリティカルパス通りに進むわけではないのです。 クリティカルパスで兵十的な経過を示すことにより、経過に何か問題があった時に、早期に発見し、早期に対応することが可能になります。 クリティカルパスは、原則として医療者用のクリティカルパスと患者用のクリティカルパスの2種類が作成されています。

患者用のクリティカルパスは、医療用のクリティカルパスに対応したもので、わかりやすく説明がされています。

クリティカルパスは、患者にも大きなメリットがあります。 ある病気で治療を受けた時に、複数の病院の病気に対するクリティカルパスを比べることで、自分の希望に合った医療を提供する病院を選ぶことができるのです。 クリティカルパスは、医療内容について患者に十分理解してもらい、安全な治療を受けてもらうために活用されているのです。

クリティカルパスは、流れ作業のような画一的な医療を行うものだと勘違いしている人もいるのですが、そのようなことはありません。 患者にとって最も適した安心できる治療を提供するために、行われているものです。 クリティカルパスは、定期的に見直して、さらに良いクリティカルパスへと改定していきます。

-医療用語, 看護用語

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.