医療用語、看護用語、略語、検査値、評価等を掲載しています。

医療用語 略語 検査値

リハビリテーション 検査 評価

反復唾液嚥下テスト(RSST)の方法と注意点

投稿日:

反復唾液嚥下テスト(RSST)

反復唾液嚥下テスト(RSST)は、誤嚥のスクリーニングテストとして、最も簡便な方法は反復唾液嚥下テストです。

第二指(人差し指)で舌骨を、第三指(中指)で甲状軟骨を触知した状態で空嚥下を指示し、30秒間で何回空嚥下できるかを観察します。

原法は触診ですが、聴診器を用いた嚥下音の確認と触診を併用すると、正確に評価できます。

甲状軟骨が第三指(中指)を十分に乗り越えた場合のみを1回とカウントし、3回/30秒未満であれば陽性と判断します。

誤嚥症例を同定する感度は0.98、特異度は0.66と報告されています。そのため、30秒間に3回以上あれば、誤嚥の確率はかなり低く、逆に30秒間に3回未満であれば誤嚥の可能性が高いと判断することができます。

施行時の注意点

反復唾液嚥下テスト(RSST)を施行する際の注意点としては、意識障害や認知症などの程度によってはうまく指示が入らずに、テストの結果が0回になってしまう場合があります。

このように、飲み込めない場合と自分の唾液を飲み込まない場合では、意味合いが異なります。

さらに、1回目の嚥下運動がスムーズに起こっても、2回目以降喉頭隆起が完了せず、喉頭隆起・舌骨が上前方に十分移動しないまま、途中で下降してしまう場合があります。

これを嚥下運動の1回とカウントするか判断に迷うときは聴診器を使用すると判別しやすくなります。

口渇が強く、嚥下運動を阻害していると考えられる患者には、人工唾液(サリベートⓇ)や少量の水を口腔内に噴霧し、口腔内を潤してから同時にテストを施行するようにします。

-リハビリテーション, 検査, 評価

Copyright© 医療用語 略語 検査値 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.